ブログアフィリエイトで日給8万円
毎月10万円の安定的なネット収入を作る『アフィリエイトシークレット』

CB400F パーツ

CB400Fのエンジンパーツ、コンプリートエンジンが存在する!

30年以上も人々を魅了し続ける、HONDAの名車「CB400F(ヨンフォア)」。
CB400F(ヨンフォア)を手に入れたら、もちろん見た目も大事ですが、コンディションも常にベストを保ってほしいものです。
そこで、ボディーのパーツやサスペンションパーツなどいくつかあるパーツの中から、エンジンパーツのコンプリートエンジンについて紹介します。

まず、コンプリートエンジンとは・・・
ショップが思い入れのある車種等のエンジンを、ボアアップ、ハイカム加工、面研、点火時期の変更などによって、パワーを上げたエンジンです。
ショップによって好みも異なる為、仕様などが統一されておらず、パーツの中でもオリジナリティがでるのも特徴の一つです。
例外もありますが、オーバーホールも兼ねて行うのが一般的です。
ちなみに日本ではCB400F(ヨンフォア)のエンジンコンプリートは未設定ですがアメリカやイギリスではCB400F(ヨンフォア)のエンジンコンプリートも存在していて、価格は当時昭和59年の価格で1100ドル程度だったそうです。
 しかし、昭和61年に輸入を試みたそうですが、すでに在庫無し!とても希少価値の高いパーツですね!

CB400F ヨンフォア

CB400F(ヨンフォア)の歴史

CB400F(ドリームシービー400フォア)は1974年12月3日に本田技研工業により発売さました。

 通称「ヨンフォア」と呼ばれていて、CB350F走力性能がイマイチの為に、改良されて出てきたのが、このCB400F(ヨンフォア)です!

 しかし発売された翌年の1975年に、免許制度の改正で自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、エンジンの排気量が400cc以上のバイクは、中型二輪では乗れず大型免許が必要になった為、急遽398ccが生産されました。

 つまり型式としては408ccのCB400Fと、398ccリーズのCB400F−T、CB400F−Uが存在しますが、4気筒シリーズ唯一の2輪車として人気がありました。

 発売当時、CB400F(ヨンフォア)は「お前は風だ!」というキャッチコピーで発売されましたが、暴走族を連想させる、という指摘を受け、後に「お前が好きだ!」という所有感をイメージさせるキャッチコピーに変更されたそうです。

 CB400F(ヨンフォア)は30年以上たった今でもファンを魅了していて、現在その価格はプレミアがついてるものもあり、車体の程度によっては100万以上の値段がついているものもあり、408ccと398ccとでは408ccの方が格段に安いようです。


CB400F タンク

タンク改造でCB400Fカフェレーサースタイル

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。
他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも話題になりましたね!

現在でもCB400Fのカスタムの選択肢としてカフェレーサースタイルはとても有効で、支持するライダーも多いのではないでしょうか。
当時のバイク雑誌のCB400Fの記事においても必ずと言っていいほどカフェレーサーという単語が出ていたそうです。

カスタムの方法を挙げればキリがないと思いますが、やはりタンクの改造は欠かせないところでしょう。

CB400Fそのままの形でもカフェレーサーっぽいのでタンクをいじるだけでもグンッといい感じになってきます。

最近だとアルミを使ったタンクが多くなってるようです。
軽くて頑丈なのでCB400Fのタンクのような大きなパーツに使っても重くならなりませんし強度も問題ありません。

よりシャープな感じを引き立たせるためにタンクのシート側にへこみをつける方法もあります。へこませ方で失敗してもパテで補修できますが、実践するのであれば、なるべく細心の注意を払いましょうね!

CB400F タンク

タンクでわかる?!3タイプのCB400Fの見分け方

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。
最初のモデルは408ccでした。

しかし日本国内の免許制度改正で教習所で取得できる中型二輪免許が400ccまでとなると、408ccの排気量を持つCB400Fは、中型二輪免許では乗ることができなりました。

これに対応してショートストローク化され、398ccの排気量とされた国内専用モデルが、このCB400F−T、およびそのアップハンドルモデルCB400F−Uでした。

つまり3機種のCB400Fが同時に存在したことになります!


この3つ車体の違いにタンクのカラーがありました!

まずCB400Fはタンクのカラーがレッドとブルーから選べました。

F−TとF−Uのタンクのカラーはイエローとレッドの二色へと変更になっていました。

タンクのカラーぐらいなら塗装や部品の交換で好きな色にできますが、発売された直後のまっさらな状態を見た人であれば、そのタンクのカラーリングによってCB400Fだったのか、F−T、F−Uだったのかがわかることもあります。


ハンドルやステップの位置も仕様が違っていますが色の違いなら小さい頃の記憶でも鮮明に残っているのではないでしょうか。



CB400F ヨンフォア

漫画の世界のCB400F(ヨンフォア)

もはやホンダ乗りの定番の憧れと言えば、伝説の名車CB400Fヨンフォア)。400のドリームマシーンとして、1974年にデビューしました。


「おお400。お前は風だ。」のカタログキャッチコピーが今でもCB400F(ヨンフォア)と聞くと思い起こされます。


その人気さゆえ数々の漫画にも登場してきてますが、中でも「特攻の拓」に登場したのが記憶に新しいです。
1991年〜1997年にかけて少年マガジンに掲載されていました。

内容は暴走族の世界を描いており、主人公は浅川拓という、じめられっこの少年がひょんなことから、その暴走族の世界に入っていくストーリーです。

喧嘩シーンも数多いですが、次に暴走族それぞれのバイクも登場します。主人公が乗っているのはCB400F(ヨンフォア)ではないのですが・・・親友の鮎川真里(通称:マー坊)が乗っているバイクが真紅のCB400F(ヨンフォア)なのです。


こうしたCB400F(ヨンフォア)の漫画の世界での活躍も、CB400F(ヨンフォア)に少年達を引き付ける大きな要因となったでしょう。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。